MaxSjövall 象徴的なフィンランドのプレーヤーです。 彼のクラブで Padel ハウス、彼はフィンランドを代表します インターナショナルクラブカップ Padel XNUMX月にマラガで。

Padel 家は33裁判所です

Padel Magazine :自己紹介と詳細を教えてください Padel 家?

MaxSjövall:私は35歳で、フィンランドで定期的にプレーする唯一のプレーヤーです。 World Padel Tour。 私の最高のWPTランキングは225で、フィンランドのチャンピオンを4回務めています。 現在、XNUMX週間前に膝の手術を受けた後、リハビリ中です。」

「Padel 家はの最大の中心です padel フィンランドでは33の裁判所があり、会員数でも最大のクラブです。」

私たちプレイヤーはマラガでの経験が大好きでした

Padel Magazine : 去年 Padel ハウスはヨーロッパクラブカップの第5版に参加しました Padel。 この経験はどうでしたか? 他の多くのクラブに会ったことがありますか?

MaxSjövall: 「昨年、私は個人的に参加できませんでしたが、良いチームがあり、トップ10でフィニッシュしました。私たちのプレーヤーは、世界中のプレーヤーと出会い、競争する機会と経験を愛していました。 また、プレイヤーが私たちのストーリーを共有する絶好の機会でもありました。 padel フィンランドで、 padel 他の国でも成長しています。」

Padel Magazine :今年も、 Padel ハウスはこの大会でフィンランドを代表しますが、今回はインターナショナルクラブカップです。 Padel。 なんで帰ってくるの?

MaxSjövall: 「昨年のトーナメントの後、私たちは戻ってきたいと思っていました。 プレーヤーにとって、新しい対戦相手と厳しい試合をし、もちろん国際レベルで彼らのレベルを測定する絶好の機会です。」

今年はさらに良くなるでしょう

Padel Magazine :これからは毎年出席したいですか?

MaxSjövall: 「それは私たちのクラブの伝統になると思います。今年のトーナメントは昨年よりもさらに良くなると聞いています。」

Padel Magazine :どのように padel フィンランドで成長していますか?

MaxSjövall: 「 padel フィンランドでは急速に成長しており、昨年だけでもプレーヤーの数は30万人から000万人を超えました。現在、約60面のテニスコートがあります。 padel フィンランドでは、年末までに1コートマークを確実に超えるでしょう。」

それが残っています 2場所 このコンテストに参加します。 クラブであり、2022年版の登録を申請する場合は、AECPのメンバーに連絡してください。

メール:Contact @ aecp-padel.EU

Tel:Lorenzo Lecci Lopez – +33 6 31 80 48 90 – Claude Baigts – +33 662 448 785

詳細については、ヨーロッパのWebページを参照してください。 Padel カップ。

彼の名前から、彼のスペイン語とイタリア語の起源を推測することができます。 ロレンツォはスポーツに情熱を注ぐ多言語です。職業によるジャーナリズムと崇拝によるイベントが彼の両足です。 彼はの国際紳士です Padel Magazine。 さまざまな国際大会だけでなく、フランスの主要なイベントでもよく見られます。 @eyeofpadel Instagramで彼の最高の写真を見る padel !

タグ