防御側に位置するプレーヤーは、最初に側壁に触れてから奥の壁に触れる深いボールを受け取ります。

この場合、ボールから離れる、つまりフィールドの中心に向かって移動するか、ボールの軌道を回転させる方がよいでしょうか。

両方、私の船長! 単純化せずにシンプルにしよう。

別離 :

ボールを受け取った場合、高速で、切れ目があり、非常にかすめる効果がある場合は、分離すること、つまりフィールドの中心に移動することをお勧めします。

引越し:

ボールが左に行くと、ボールを体から離すために右に移動する必要があります。

しかし同時に、ルールn°1を尊重するために、後壁に向かって戻る必要があります。 Padel :ラケットに衝突した瞬間にボールを目の前に置きます。

これら2つの共役した動きにより、待機の初期位置と打撃位置の間の内側の対角線を地上で記述することができます。

少し、たくさん、情熱的に...

後方への動きが受け取られるボールの速度に依存する場合(速くなるほど、後退する必要が少なくなります)、中心に向かう動きは、側壁の衝撃ゾーンに関連します。 ボールがコーナーにあるほど、それを分離する必要が少なくなります。

自己:

この動きをすることで、自分の気持ちに基づいて変更を加えることができます。

確かに、ストライキの瞬間にボールがあなたに近すぎる場合、それはあなたがそれから十分に離れていないためです。 それは余分な横方向のステップがかかります。

あなたの後ろにボールをとる感覚がある場合、それはあなたがうまく分離したが十分に戻っていないということです。 これは非常に一般的なケースです。

欠点。

この変位を使用することにより、防衛位置から離れています。 したがって、大きな空きスペースを残さないように自分自身を交換するために迅速に考える必要があります。

回転

そして、我々が回ったら?? このスポーツは非常にエレガントで特徴的ですが、回転はあまり使用されません。 場合によっては、それだけの価値がある....

状況:

防衛では、十分に高い、遅い長いボールを受け取ります.... 回る時間です。

回転が回らない?

最初は、これらXNUMXつの動きが混同されています…..フィールドに対する私たちの位置は同じままであり、ボールに対する私たち自身を調整することができないため、自分でピボットすることは解決策ではありません。 向きを変える、つまり、地面に円を描く必要があります。

最初のステップ

この動きをうまく開始するには、最初のステップが最も重要です。 後方だけではなく、わずかに後方でなければなりません! これにより、円の始まりを説明する必要が生じ、その後、一時的にボールから遠ざかり、その後適切な距離を保ちます。 大きな円を描くことを恐れないでください。ジェスチャーの最後に、ボールを目の前に持ってくることができます。

ベネフィット

ローテーションは、実行するのは非常に困難ですが、実際にはローテーション中の開始点と到着が同じであるため、防御位置を失うことがないという利点があります。 違反は発生しません…

アタック....

回転運動が実行された後、ボールが肩越しになっている場合は、「バハダ・デ・ペア」に関するビデオですでに説明されているストロークでベースラインから攻撃する機会を利用します。

最後の詳細 :ローテーションの練習をしていると、頭が回転するので連続3ヒット以内! 一方、反対方向に実行される回転と交互に行うことができます…..

これについては、次のビデオで説明します。

すべてのスノーシュー... .. Vamooooooos


もっと欲しい? " state =” open”]アンダルシアの太陽の下でより多くの情報が必要な場合は、contact @uで私に連絡することを躊躇しないでくださいpadel.netまたはhttps://www.facebook.com/upadel.net /そしてサイトwww.uにアクセスしてくださいpadel私が提供するコースの詳細については、.netをご覧ください。


Uの創設者、スペインに亡命した「フランス人」、ピエール・ラムレpadel.net、教授および技術マネージャー padel トーレデルマールのヴァルスアクサルキアクラブは、年代記を管理しています padel 「技術的および戦術的」。 遊び方に関する記事やビデオを定期的に見つける padel PierreLamouréに感謝します。


 

ピエール・ラムレ

PierreLamouréはの技術的な柱のXNUMXつです Padel Magazine。 Uの創設者padel.netは、定期的に技術的および戦術的なトピックを提供します padel。 質問 ? 需要? pierrelamoure @で彼に連絡することを躊躇しないでくださいpadelmagazine.fr