フランスのチャンピオンシップは9月の金曜日に27パリで始まりましたが、 Padel Magazine この締め切りが非常に重要なプレイヤーに会いに行きました。 現在フランスで11位のフランソワ・オーティエは、これらの選手権がトップ10に上がることを望んでいます。彼はまた、その分野のトップ選手をくすぐることを目指しています。 会議。

エイドリアン・ピトーレ Padel Magazine :フランソワこんにちは。 今週末、フランスのチャンピオンシップに参加します。 この素晴らしい締め切りに関連して、あなたの野望は何ですか?

FrançoisAuthier:これらは私の3回目または4回目のフランス選手権になります。 私はまだ一つも見逃していません。 絶対に見逃さないように。 私は、ピエール・エティエンヌ・モリヨン(23回目のフランス人)でプレイしています。そのことについては、私よりも長くプレイしているプレイヤーです。 少し笑って、特に彼の友人であるヨハン・ベルジェロンに勝ちたいです。 しかし、もっと真剣に、準々決勝に到達することはすでに良いことです。

スペインでプレーする人たちとのギャップはますます広がっています。」

FrançoisAuthier、No。11 French、フランス選手権での走行中

エイドリアン:あなたはエスプリでの仕事にかなり夢中になっていることを私たちは知っています Padel。 どのように準備を管理し、で実行するために何かを変更しましたか padel ?

François:難しいのは、私より多くのプレイヤーがいるからです。 スペインの一部の列車では、ギャップがますます広がっています。 しかし、できる限り多くのトーナメントをプレーし、目標を達成するように最善を尽くしています。 今年、私は物理的なトレーナーであるJustin Marlotに身を包むことができました。JustinMarlotは一年中私に従って、身体を改善しようとしています。

エイドリアン:スポーツの面に加えて、あなたはエスプリで起業家精神にあふれた生活を送っています Padel、リヨン郊外。 Est-ce que vous avez des projets en cours qui verront prochainement le jour ?間もなく日の目を見る進行中のプロジェクトはありますか?

フランソワ:私たちは可能な限り活動を発展させるつもりです padel ここサンプリーストで。 特に、マネージャーのSébastienCornetとGeoffrey Gilanに感謝します。3人目は私たちと協力し、すべてのコミュニケーション部分を管理し、クラブにとって非常に重要です。

エイドリアン:あなたは現在、フランスのn°11です。 短期的および長期的な目標は何ですか?

フランソワ:フランスのトップ10を再統合することは、私の目標のXNUMXつです。 私にとっても、ゲームにとっても、仕事にとっても重要です。 そのためには、フランスのチャンピオンシップを通過する必要があります。 しかし、ある日、フランスのチームを統合するという目標もあります。 達成するのが難しい目標。

情報:Authier / Morillonペアは9月27金曜日にランニングに参加し、明日パリのペアTison / Maigretと対戦します。

訓練を受けたジャーナリスト、私は padel リヨンで。 それ以来、私はこのスポーツの真のファンになりました。 そして、すべての自尊心のあるプレーヤーのように、私はのファンです Padel Magazine。 私の目標は、このスポーツの国内および国際的なニュースを提供することですが、それだけではありません…毎年サプライズに備えましょう!