Le パデルリフト ボールがより丸みを帯びたリバウンドを与えることを可能にし、地面だけでなくガラスにも衝突した後、上方に加速する効果です。

リフトの問題は、ボールが十分に押されていない場合に、逆効果になる可能性があります。

パデルリフトを使用する理由

Padelトレーニング中に、リストからのリフトを禁止する必要があると教師から言われることがあります。 画像として似顔絵ですが、先生から言われると、いくつか理由があります。 ストロークの危険に取り組む前に、パドルゲームでこのストロークが使用される理由を説明します。

  • 戻り時にリフトを使用して、特にバレーボール選手の足元でプレーすることができます。
  • ターナーを驚かせたり、リズムを少し崩したりするために使用されることもあります。
  • そしてもちろん、リフトはスマッシュでもボールを出すために使用されます。 私たちはキックの代わりに、ボールが少し横向きになることを可能にする副作用を実現します:
    • PAR 3から、つまり、ボールが後壁でバウンドした後に地面を離れる
    • 彼の側でスマッシュ:スマッシュは相手の後ろの壁に当たった後、彼の側に戻ります。 リフトは強いことに興味があることに注意してください。そうしないと、相手があなたを打ちのめすかもしれません!

正確に言えば、この有名なリフトの危険性を目にするでしょう。

危険は何ですか?

リフトの使い方を誤ると、逆効果になることがあります。 この影響を注意深く制御するように注意してください。

テニスを始めるとき、またはテニスから来るとき、閉じたスノーシューグリップをすぐに忘れてください、セルジブルゲラ「いくつかのアカデミーで聞いています。 ペナルティが単純になるため:ボールに対する重量と速度を相手に使用する相手に対してXNUMXつ。

そして、特にこのタイプのボールは、相手がネットを静かに捕まえることを可能にします。

実際には、エレベーター付きの設備がある場合は、大切に保管してください。 それは多くの状況で、時には小さなゲームで、ハーフボレーで、あるいはグリッドでプレイしようとするときにさえ役立つでしょう。

ただし、一般に、プレーヤーは地面に向かってボールに正確な効果を与えるために、むしろ敵を脚を曲げてボールをキャッチするように強要させるために、むしろカットをプレーすることに留意してください。

リフトは、ポイントを締結するために介入するか、交換後に驚きます。 しかし、その使用は一貫して行われるべきではありません。

リフト条件

したがって、リフトは、スマッシュが上昇したとき、フォアハンドまたはバックハンドが上昇したときに行われます。

リターンでは、手首を振るだけで違いが生まれ、相手にボールをフェッチするように強制することで、相手を驚かせることができます。

そして明らかにあなたがネットにいるとき、持ち上げられたスマッシュは要点を決める武器になることができます。

ただし、ここでも、ボールを後ろから出しすぎないように注意し、ボールに最低速度を設定してください。そうしないと、対戦相手がボールをカウンターしてくれます。

フランクビニスティ

フランクビニスティは、パリ地方の2009にあるピラミッドクラブでパデルを発見しました。 それ以来、パデルは彼の人生の一部です。 フランスの大きなパドルのイベントをカバーするために彼がフランスを旅行しているのをよく目にします。