欧州クラブ協会 Padel ヨーロピアンカップオブクラブを紹介します。 AECPの社長であるClaudeBaigtsよりも、この有名なヨーロピアンクラブカップについて詳しく教えてくれる人は誰でしょう…

Padel Magazine -クロードEFCAの合法性とは何ですか?

Claude Baigts-あなたの質問は正当です。 私の答えは簡単です。なぜ欧州カップのクラブを組織するのに合法ではないのでしょうか?
私たちはそれについて考え、行動を起こした最初の人です。 このアイデアは、フレンチオープンの間に思いついたものです。 padel 2016.連盟とクラブから、最終テーブルに選手を登録するように依頼されました。 分析の結果、これらのプレーヤーは主に次のクラブから来ていることがわかりました。 padel プライベートまたは少なくともプライベートに近い管理者と。

Padel Magazine – しかし、そこから2018で欧州カップを開始するために...

Claude Baigts-もちろん、思い切って、もう一度フレンチオープンをしなければなりませんでした padel 2017年は、約XNUMX人の取締役、ビジネスリーダーを集めるのに役立ちました……そして、私たちはスポーツモデルと経済モデルを提示しました。

Padel Magazine – スポーツモデルとは何ですか?

クロード・バイグツ-私たちのスポーツを代表するヨーロピアンクラブズカップを設立するには時間がかかると信じています。 第20版​​では、最大XNUMXのクラブに依存したかったのです。

これらのクラブは、2の男性ペアと1の女性ペアを選択します。 プレーヤーはアマチュアである必要があり、男性の場合は150の最高のグローバルプレーヤー、女性の場合は75にランクされません。 来週、コンテストのルールを公開します。

Padel Magazine – そのようなテストの資金調達方法は?

Claude Baigts-これが私たちが最高のパフォーマンスを発揮する場所です! 企業やクラブに10年間の参加権の取得を申し出てきました。 上昇も下降もしないという事実により、彼らの参加を保証しました。 さらに、各企業またはクラブは、10年後に販売できるフランチャイズを所有しています。 この公式は、スポンサーと収入を見つけるための長期的な機会(XNUMX年)を開きます。

Padel Magazine – ヨーロピアンクラブカップは20クラブにしか関係がないことを教えてください。

Claude Baigts-いいえ、この第2版では、代表的なクラブを選択するために全国または地域レベルでサーキットを組織したフランチャイズの専有ブランドがあります。 そして、私たちは順調にスタートしなければならなかったので、50年にヨーロッパサッカークラブが私たちよりもさらに遅いスタートを経験したことを思い出させてくれます...... 2019については、フランチャイジーはすでに50クラブに移動する提案をしています...

Padel Magazine – クロードは決勝の日付と場所を教えてくれますか ?

Claude Baigts-さまざまな国際サーキットや大会のカレンダーを調べて、目標を達成した日付を選択する必要がありました。 9月10日、11日、XNUMX日のアーミスティックウィークエンドについてどう思いますか。ヨーロピアンカップにうなずきます。

ヨーロッパのクラブや企業をホストするためにパリを選びましたが、他の首都には強みがあり、選択は簡単ではありませんでした。 しかし、カサのホセ・マヌエル・エスコイン「エル・デュエノ」が Padel  そして彼のすべてのチームがあなたに腕を伸ばし、あなたはそこに寄り添います。

Padel Magazine – 誰があなたを囲んでいますか?

Claude Baigts-フランチャイジーが非常に活発な30のチームと、有能なマネージングディレクターであるFernando Blancaと共に毎日働く小さなグループがあります。

Padel Magazine -あなたとの関係は何ですか の当局 padel フランス、ヨーロッパ、そして世界中?

Claude Baigts-媒体ではないので、わかりませんが、今のところ否定的なフィードバックはありません…私たちの唯一の懸念は、石を建物に運ぶことです。 padel 大きくて強いものが欲しいということです。 作成する私たちの目標:コミュニティ padel そして投資家はこの素晴らしいスポーツに情熱を注いでいます。

フランクビニスティは padel 2009年にパリ地域のClubdesPyramidesで。 以来 padel 彼の人生の一部です。 あなたは彼がフランスを旅行しているのをよく見ます padel フランス。