Le padel 世界の四隅で発展しています。 そしてアフリカはその呼びかけを逃していません。 まったく逆です。 最近、北アフリカと西アフリカに多くのクラブが出現しています。

フェルナンドブランカ Padel World Pressは、Malaga(Vals SportClubMalagaAxarquía)のコーチ兼プレーヤーであり、 padel 世界インチ

 

あります Padel モロッコとチュニジアを超えてアフリカで?

Le padel アフリカでますます発展しています。 それまでは、北アフリカが padel モロッコとチュニジアで最も発展したセネガルの冒険に乗り出す番です padel。 特に、首都ダカールの南にあるガパロウとサリーの間。 のクラブ padel 特に、La Palmeraie SportingClubという話題がたくさんあります。

 

そこで教えていますか?

運命は私をセネガルに導いた。 ファンはSalyでこの活動を開始しました。GeoffreyDemmerlaereと彼の妻であるCarolinePerrettiqueは、XNUMXか月前にこの壮大なスポーツクラブを開くことを決定しました。 パルメライエスポーティングクラブ »のXNUMXつの裁判所 Padel パノラマ(さらに5つ計画)、ペタンク、XNUMXサイドサッカー、カポエイラフィットネスルーム、アクアバイク、ビーチテニス、ビーチバレーボール、スイミングプール、マッサージと美容サービス、バー、レストラン、子供用エリア。

 

このクラブをどのように説明できますか?

これは家族のクラブです。 しかし、このスポーツクラブはそれだけではありません。 クラブはサファリを開催し、スポーツと地域とその野生環境の発見を組み合わせます:クワッドエクスカーション、カヌー、ライオン、キリンなどの間の散歩の沼地...

フランス、ベルギー、ドイツ、レバノン、ポルトガルのクラブの顧客に会いました。

どのようにしてセネガルにたどり着きましたか?

のコーチ兼同僚であるピエール・ラムレのおかげです padel マラガの私のクラブから。 彼と一緒に、私たちはレッスンを行ったセネガルクラブに行きました。 セネガルとサリーのクラブが私の主な住居になる可能性があるので、私の運命が重要な方向に向かうかもしれません。 フォローするビジネス。

フェルナンドブランカによるインタビュー
(WOP-ワールドオブ Padel – www.worldofpadel.COM)については、 Padel ワールドプレス-2017年XNUMX月。

翻訳: Padel Point /パルメライエスポーティングクラブ

 

フランクビニスティ

フランクビニスティは padel 2009年にパリ地域のClubdesPyramidesで。 以来 padel 彼の人生の一部です。 あなたは彼がフランスを旅行しているのをよく見ます padel フランス。