エリック・バッシを信じるなら、 padel 2020年15月にパリのXNUMX区にオープンする予定だったUCPAは、今日でも関連性があります。

2020年XNUMX月オープン予定、カスタニャリー通りの広場、パリ15区、の素晴らしいプロジェクト padel UCPAは、今日でも明らかに関連性があります。 しかし、Eric Bassiによれば、そのコストはもはや同じではありません。 による ジャーナリストのツイート、プロジェクトは今日、2016年に計画されていたもののXNUMX倍の費用がかかります...

padel パリucpa

非常に高価ですが、壮大なプロジェクトであり、パリのイントラムロに最初のプロジェクトを提供します padel。 練習のファンとして、私たちは明らかにこれらの4つのトラックと2つのセミカバーされたシングルが地面から出てくることを望んでいます!