カテゴリー: ラ·ウネインタビュー

JoséCarlosGaspar:「FIP/QSIプロジェクトは私たちを納得させました」

ホセ・マリア・ムリアと一緒に準決勝に進出したトーナメント、FIPスターOウェストの真ん中で(足首の負傷のために没収しなければならなかった)、ホセ・カルロス・ガスパーは Padel Magazine.

エジプトの風を利用する方法を知っている

エジプトは風が強い? アンダルシア人にとっては問題ありません!

「風が強いときに遊ぶのが大好きです。 普段はあまり好きではありませんが、私はマラガ出身なので外で遊ぶのに慣れているので、それを最大限に生かそうとしています。

私はロングポイントをプレーするのが好きで、風が私のプレースタイルによく合うように、常にもうXNUMXつのボールを入れます。」

PPAとの彼の話

選手協会のスポークスパーソン Padel プロフェッショナル(PPA)、ホセカルロスはこのグループでの彼の役割を説明しています。

「それは、全員に代わって一緒に交渉できるように一緒になりたいと思っていたトップ20のプレーヤーから始まりました。 それぞれの役割(パキート、ガラン、リマなど)を定義する会議があり、トップ20に入っていないXNUMX人の選手を探しました。彼らはテニス出身でこれに経験のあるミゲルセムラーと話をしました。フィールド、そして彼らも私に提案しました、そして私はすぐに私の石を建物に持って来ようと試みるためにイエスと言いました。

私たちは、すべての人を助け、プレーヤーとしてより良い条件から利益を得るように最善を尽くしています。

トップ100では、少なくとも70人または80人のプレーヤーがPPAを使用していると思います。」

「FIP/QSIプロジェクトは私たちを納得させました」

「このアソシエーションは、WPT、FIP / QSI、次世代などのさまざまなサーキットとの交渉でより重要視するために作成されました。 もちろん賞金だけでなく、条件の面でも最良の選択肢を探していました。

最後に、すべての回路がかなり類似したゲインを提供しましたが、FIP / QSIは、私たちに最適と思われるプロジェクトを提供します。 padel、そしてプレイヤーとしての私たちにとって。

「FIP/QSIは将来の構造になるでしょうが、私たちは、の開発に貢献したいすべての回路を望んでいます。 padel それらに参加することができます:WPT、APT…私たちにとって、誰もが一緒に働くことができれば最高です。 私たち全員が望んでいるのは padel 成長することができます:最高の条件、最高のトーナメントを持つために。 協会として、私たちは人々を結びつけることを試みることができますが、それはすべての人の裁量に委ねられています。

今日、私たちが何とか獲得できた条件を見てとてもうれしく思います。 去年は生計を立てることができなかったのでスウェーデンに引っ越しました padel。 今日、状況は変わり、賞金総額が525ユーロのトーナメント(ドーハ)が開催されます。これは歴史上最大のトーナメントであり、これはほんの始まりに過ぎません!」

インタビュー(英語)は、その全体がすぐ下にあります。

Publiéパー
ザン・タフェルナベリー