マキシム・ジョリス et トーマス・ヴァンボース、男子予選でまだ残っている最後のフランス代表は、マルコ・カセッタ(110)/ディラン・デミアン・クエロ(166)という堅実なペアに対抗しました。

地元の選手たちは、第 1 ラウンドでは非常に良いパフォーマンスを見せましたが、第 2 ラウンドでは少し崩れてしまいました。トリコロールズは第1セットを失った時点で明らかに士気を失っていただろう。

第2ラウンドはボルドーPXNUMXのセントラルコートでほぼXNUMX時間続いた。 最初にブレイクしたのは地元のジョリスとヴァンボース この試合では、第1セットを奪うために使用されました。しかし、彼らにとって残念なことに、イタリアとアルゼンチンのペアに追いつかれ、セットはそのままタイブレークに突入し、同様に激しい争いとなった。非常に良いレベルのプレーにもかかわらず フレンチブルドッグ、この最初のラウンドは彼らに有利には働きませんでした。 7 / 6(5)。

これほど厳しいセットで負けた後、立ち直るのはいつも難しい。これは、第 2 幕の開始時にさらに困難を極めたヴァンボースとジョリスにも感じられました。 第2セットの最初の接戦から、彼らはサービスゲームを許してしまいました...

しかし、フランス人には軌道に戻るチャンスが4度あったが、それをものにすることができなかった。トーマスとマキシムが第2セットで最終的にベストレベルを見つけることができたとしても、スコアを取り戻すことは決してできなかっただろう。最後には彼らはお辞儀をする 6/3 XNUMXラウンド目で。

したがって、男子プレビアのテーブルにはフランス人はもういません。しかし、 今日もフランス人女性が3名出馬している これらの資格では。彼らの会議は次のように追跡できます Padel マグテレビ :

グウェナエル・スーイリ

ある日、彼にトラックに同行するように言ったのは彼の兄でした。 padel, それ以来、グエナエルは一度もコートを離れていません。 の放送を観に行く時以外は Padel Magazineの World Padel Tour… または Premier Padel…あるいはフランス選手権。 要するに、彼女はこのスポーツのファンなのです。