カテゴリー: NEWS国際インタビュー

中角浩二:「アジア太平洋地域は padel 

中角浩二 の日本連盟の会長です padel。 彼はまた、アジア太平洋委員会でこの役職を務めており、 padel このエリアの中では。 私たち'すでに数ヶ月前に会っていた、しかし物事は速く動いています。 カタールのコージーとおしゃべりしています。

日本にはたくさんの選手がいます Padel ツアー

ロレンツォ:これらの世界でのXNUMXつの日本の選択について、どのようなスポーツ評価を行うことができますか?

こうじ :「資格はアジア太平洋/アフリカでした。 ですから、もっと多くのレベルがありました。 日本人は競争に欠けています。 彼らは非常によくプレーしますが、重要な瞬間に足は動きません。 精神的な側面は非常に重要であり、それは私たちが男性に見逃したことです。 アジア太平洋地域全体がこれらの世界で重要な役割を果たしています。」

ロレンツォ:日本では、 padel まだかなり若いです。 その開発に関する統計を教えてください。

こうじ 「」日本人会 padel 5年前に作成され、裁判所は5つしかありませんでした。 現在40本あります。線路工事の面で開発が遅いのは事実です。 しかし、競争力のあるレベルでは、日本をプレイする500人のプレーヤーがいます Padel タワー。 レベルが大幅に上がります。 より多くのトラックを作成し、アジア太平洋地域のプレーヤーがさまざまなスタイルのプレーヤーと競争して進歩できるようにしたいと考えています。」

オリーブとトムの作者

ロレンツォ:ヨーロッパでは、いくつかの国が有名人の悪名から恩恵を受けています(スウェーデンのズラタン、フランスのジダン)。 日本では参考になりますか?

こうじ :「協会の名誉会長は 高橋陽一、オリーブとトムの作者。 彼は私たちの放送部分を手伝ってくれ、有名人を招待して演奏してくれます。 しかし、私たちはまた、人々にプレーするよう説得するために、競争的部分とともに社会的部分に取り組む必要があります。」

アジア太平洋およびアフリカ

Lorenzo:アジア太平洋地域で進行中の開発プロジェクトは何ですか?

こうじ :「私たちはFIPと協力しています。 競争面では、私たちが開発したいアジアカップがあります。 日本で開催した時は大成功でした。 カタール、イラン、中国、韓国、タイからの選手がいました。 それはプレーヤーがお互いを知ることを可能にします。 また、知識を伝えるためにコーチを訓練します。」

ロレンツォ:アジア太平洋大陸では、 padel 早送り?

こうじ :「中国には120から150のピッチがあります。 タイ20、日本40、イラン20。エミレーツでは多かれ少なかれ160、カタールでは200以上。大幅に増加するでしょう。 私たちが開発できるように、構造は正しいものです padel、トレーニングし、より多くの人々に知ってもらい、遊んでもらいましょう padel。 このスポーツを発展させるには、アフリカの兄弟も必要です!」

Publiéパー
ロレンツォ・レクシ・ロペス
タグ: 日本 Padel