中塚浩二 日本人の社長です Padel 協会、および アジア太平洋委員会 FIPの。 Padel Magazine 彼に会い、 padel 日本だけでなく、大陸全体で。

プレイヤーを引き付ける独自の方法

Lorenzo Lecci Lopez:どのようにして padel、そしてどのようにしてこれらXNUMXつの機関の会長に就任しましたか?

中塚浩二 :"私はで生まれた パラグアイ、そして私はそこで育ちました。 だから私は知りました padel あそこに 1993、スノーシューがまだ木でできていたとき。 だから私は始めました padel、そして2002年まで、私はそこで友達とパラグアイでプレーしました。」

「私はに到着しました 日本 au 2002と padel 当時そこには存在しませんでした。 に 2013padel 到着しました。 私は持ってきた人ではありません padel 日本では、しかし最初の土地が最初の日から padel 日本で建てられたので、また遊び始めました。」

「私は助け始めました このスポーツの放送、そして現在のフェデレーションとは何かを作成し始めました。 その時、誰も知らなかった padel ここで、それを知らせることは非常に困難でした。 そこで、来てくれる人のためにバーベキューを企画しました。 人々は写真を撮っていませんでした padel、でも肉! その後、肉を食べに来たいと思っている友達に画像を放送しました。 これが私たちが最初のフォロワーを獲得した方法です padel 日本では。"

「2016年に、私たちは JPA(日本 Padel 協会)、そして私たちは入りました FIP 整理する padel。 私は大統領に応募し、それ以来ずっとそこにいます。 私たちはの開発のために働きます padel au 日本 そして地域全体 アジア太平洋地域。

日本 padel 集合写真協会

ますます多くのプレイヤー

Lorenzo Lecci Lopez:どうですか padel 日本では ?

中塚浩二 :"我々は持っています 27裁判所15クラブととも​​に 600ライセンシー トーナメントをプレイするために年会費を支払う人。 私たちはあると信じています 20人のフォロワー 少なくとも年に一度は遊ぶ人。 すべての裁判所は週末に満員になります。」

「日本は東部に分かれています 東京、および西部 大阪から。 裁判所はほぼ全体に分散しています 50 / 50 これらのXNUMXつの地域で。 プレイヤーとレベルの面では、大多数は 東京。 私たちは開発に取り組んでいます padel 日本のすべての地域で。」

「27の裁判所のうち、 5は屋内です。 のような都市では 名古屋市 ou 大阪、裁判所は次のようなインフラストラクチャ内で生まれます ショッピングセンター。 日本には空き地が少ないので、大都市のそのスペースを利用しています。 に 駐車場、または 屋根。 それは日本で非常に典型的であり、私たちはこれらのスペースをうまく最適化していると思います。」

「Covidが私たちを許可するなら、私たちは持っている必要があります 20の追加裁判所 2021年または2022年までに。」

日本 padel 協会選手男性

プレイヤーのレベルの大幅な増加

Lorenzo Lecci Lopez:最高の日本人のレベルはどれくらいですか。 すでにWPTで日本人を見たことがありますが、もっと定期的に見ることができますか?

中塚浩二 :"はい、もちろん。 私たちはそれのために働きます、そして 日本の選手のレベルは非常に進歩しています。 先週は 全日本プロレス、これが私たちのファイナルマスターです。 日本のプレイヤーが今持っているレベルであるYouTubeに表示することができました。 我々は持っています 50 000訪問 世界中の多くの場所からのチャンネルで。 男子決勝は350人のライブで観戦されました。 また、スポンサーの皆様、スタッフの皆様にも感謝申し上げます。 JPAに設立された地域オフィスに加えて、さらにローカルカスタマーサポートを提供できるようになります。」 

Lorenzo Lecci Lopez:日本テニス連盟とはどのような関係がありますか?

中塚浩二 「」私たちはまだテニス連盟と実際に連絡を取り合っていません。 私たちは一緒に働くことができることが重要です、私たちはテニスに反対したくありません。 私たちは独立した協会ですが、スポーツの発展のために手を組むことが重要です。」

高橋陽一高橋陽一中塚 padel 日本

有名人やオリンピックでの認知度を高める

Lorenzo Lecci Lopez:特別な条件の下で、東京はオリンピックを主催します。 ザ・ padel 彼はオリンピックによって推進されるスポーツ運動から利益を得ることができますか?

中塚浩二 「」Covidは私たちに大きな影響を与えました。 私たちは物事を計画していました JO、しかし残念ながら私達はそれらをすることができません。 公式に決定を下すのは難しいです。」

Lorenzo Lecci Lopez:錦織圭と大坂なおみは日本で素晴らしいイメージを持っています。 どの程度e padel 彼は彼らの地位から利益を得ることができますか?

中塚浩二 :「ケイとナオミはアメリカに住んでいますが、彼らのイメージは重要です。 彼らは遊んでいると思います padel またそこに。 多くの日本のテニス選手がプレーします padel、 例えば 西岡良仁または伊達公子。 私たちは皆、手を取り合って取り組む必要があります。」

ロレンツォレクシロペス: アニメ「オリーブとトム」の作者である高橋陽一は、 padel そして私たちはそれを見ました あなたのYouTubeチャンネル。 何をしますか padel そのような大きな有名人がこのスポーツに興味を持っているということですか?

中塚浩二 :「これらの有名人は、特にソーシャルネットワークに大きな影響を与えるため、これは不可欠です。 高橋陽一 大好きです padel、彼は週に一度プレーします。 彼はJPAのメンバーでもあり、全日本決勝戦を見に来ました。 彼はまた考えます パデで新しいアニメーションを描くl。 可視性が得られるため、これらすべてが明らかに役立ちます。」

「テレビシリーズの女優や俳優、または演奏するミュージシャンなど、テレビの有名人もいます。 padel、そしてそれは私たちがスポーツを広めるのに役立ちます。」

アジアをの柱にする padel ミンダナエル

Lorenzo Lecci Lopez:あなたが会長を務めるアジア太平洋委員会について。 具体的なプロジェクトとは何か、そして世界のこの地域で開発はどのように進んでいますか?

中塚浩二 :アジア太平洋委員会 大陸間で組織化することを目的として生まれました。 近年、 padel 世界的に成長し、 FIP 中央集権化された組織では、すべてを管理することはできませんでした。 ルイージ・カラロ だからそれを所定の位置に置いてください。」

「現在、6人のリーダー(オーストラリア、タイ、中国、イラン、インド、日本)がいます。 XNUMXか月ごとに、将来の予測を行うためのビデオ会議があります。」

「私たちは主にスポーツの移植、 そして私たちが日本で実施したものの方法論。 の開発のために padel、以下に従うことが重要です コミュニケーション同時発生市場。 それはあなたがスポーツを前進させるためにあなたが食べなければならない円を形成します。」

「一部では プロモーション、 の用法 社会的ネットワーク 基本です。 したがって、私たちはスポーツを放送します。 作りたい インフルエンサー padel。 部分的に 同時発生、私たちは組織します アジアカップ XNUMX年ごと。 また、アジア太平洋地域のすべての国でランキングのすべてのルールとポイントを統一します。 私達はまた取り組んでいます トレーナートレーニング。 部分的に 市場、それは主にの検索に関係します 新しいスポンサーに設立された地域オフィスに加えて、さらにローカルカスタマーサポートを提供できるようになります。」

「現在、 300の土地 大陸全体と 50万人のファン。 それは私たちが持っている人口と比較して非常に少ないです。 私たちはできる 何百万人もの人々にリーチ。 私たちはそこにたどり着くための正しい軌道に乗っています。 アジア太平洋地域はの柱になります padel 世界的に!

ロレンツォ・レクシ・ロペス

彼の名前から、彼のスペイン語とイタリア語の起源を推測することができます。 ロレンツォはスポーツに情熱を注ぐ多言語です。職業によるジャーナリズムと崇拝によるイベントが彼の両足です。 その野心は、最大のスポーツイベント(オリンピックと世界)をカバーすることです。 彼はの状況に興味を持っています padel フランスで、最適な開発の見通しを提供します。