マキシム・ジョリスとトーマス・ヴァンボース、彼らの思い出を振り返る カセッタ/クエロ戦に敗北 ボルドーのP2で、残りのシーズンについて話し、フランスチームの選択について話し合う。

ポジティブな気持ちを持ち続けてください

マキシム・ジョリス : 「私たちは途中でトムとそのことについて話し合っていました。私たちは明らかに自分たちをとても誇りに思っていますが、逃した可能性のある機会に非常に失望しています。このようなフィールドで、そしてこのような人々の前でプレーするこの機会は毎日ないので、私たちはそれを非常に早く消化し、このパフォーマンスを最大限に活用しようと努めます。 

Tホーマス・ヴァンボース : 「最初のところでボートを少し外してしまいましたが、我々の方が彼らより優れていると思います。我々は本当にサービスゲームをキープして、彼らにプレッシャーをかけました。そして5/3の時点で少し急いでいて、ファウルをXNUMXつしてしまったというのは事実です」ボレーで彼らを元に戻し、我々が試合を許したのはXNUMX回目の開始時も同じだった。私たちはこれらのチームと対戦しており、実際、試合を自分たちに依存させることに成功しており、それが将来にとってポジティブなことです。 XNUMXか月前、我々はこのレベルのチームと対戦することさえなかった。そして今日、私たちは彼らのレベルに達していると思いますが、それは大したことではありませんでした。実際、我々は彼らを第XNUMXセットに持ち込みたかっただろう。

ジョリス-ヴァンボー-ボルドー-P2

マキシム・ジョリス :「モナコでカセッタを演じたディラン・ギシャールがいて、少し指導してくれました。しかし、私たちは両選手のことを少し知っていたので、どこにゲームを導いて、どのように試合にアプローチするかを知っていました。その後、試合中に状況が変わる可能性があることは確かで、選手たちは別の戦術を使用することもできます。このような試合に勝つために、あるいは少なくとも3セット進んで第1セットを勝つためには、適応してうまくいかなかった点を少し修正する必要がある。」

未来に向けたプログラム

マキシム・ジョリス : 「パートナーの変更の予定はありませんが、23月30日の週末にイタリアで開催されるFIPライズに挑戦するつもりです。トムがいないのでまだパートナーがいません。そしてXNUMX日の週末は、彼が地域選手権に出場するかどうかによって決まるが、彼はドリアン・デ・マイヤーとプレーするためにチームを離れたと思うので、バリャドリッドのFIPゴールドメダルを獲得するためには私もパートナーを探さなければならないだろう。」

トーマス・ヴァンボース : 「基本的に私は、22日から23日の週末は海外遠征に都合が悪く、彼は他の誰かと一緒にイタリアでFIPライズをしなければなりません。一方で、翌週のバリャドリードでは確かにゴールドがあるので、出場資格を失うリスクがあるので、それに登録しようと思う。少なくとも我々は大きな試合をするつもりであり、この波に少し乗ってこの種のチームと対戦することが重要だが、実際には29日と30日に地域選手権がある。」

公的支援

マキシム・ジョリス :「正直に言って、これほど多くの人の前でプレーするのは完全にクレイジーでした。これほど多くの人の前でプレーできる機会は毎日なかなかないと思います。そして、2試合目の開始時にバケツの底にいたときでさえ、試合を通して私たちがサポートしてくれました。彼らは私たちに戻ってこようと背中を押してくれたのです。そして彼らのおかげで、私たちには少しの希望の光が見えてきました。だから皆さん、ライブに参加してくれた皆さん、最初から最後まで私たちをサポートしてくれた皆さんに感謝します。後で誇りに思っていただければ幸いです。  

私たちはただプッシュしたいだけです。ちょうどロッカールームでトムとそのことについて話していたんだけど、すぐにすべてを手に入れることはできないんだ。すでに、私たちが3か月間続けてきた旅は、依然として非常に良好で、非常に前向きです。ネガティブなことを見るべきではない。一緒にプレーしてからまだ時間が経っていないが、まだ非常に満足のいく結果を達成しているので、これからも続けていくし、毎日狂ったようにトレーニングして、その後何が起こるか見てみるつもりだ。それは後から続きます。」

フランスのチーム

トーマス・ヴァンボース 「それは本当です。シーズンの初めに、あなたは私に質問と私の目標を尋ねました。それらは非常に明確でしたが、それは主に世界選手権のためでした。なぜなら、世界選手権ヨーロッパには行かないと思っていたからです」あなたがよく言ったように、こんなに早くドアをノックできるなんて。しかし、国際的に見ても、フランスにおいてさえも、その水準が非常に厳しいのは事実だ。このような結果により、我々は自信を持ち、良いプレーをし、ピッチ上で良い気分になっているので、実際、ドアがノックされたと思います。リストを取得することが正しく理解できれば、金曜日には携帯電話の前にいるでしょう。

私たちはそれ以上の情報を持っていません、私たちは小さな新聞に載っていることを知っています。私たちは今、確実に選ばれ、このフランスチームの一員になれるよう全力を尽くしています。そしていずれにせよ、その色を着ることが長期的な目標です。」

不選着?それ自体が目的ではない

トーマス・ヴァンボース :「実際、それは基本的な目標です。シーズン開始時の目標はすぐに検証されたため、途中で新しい目標が追加されました。しかし、私は今シーズンの最終目標である世界選手権を失うつもりはありません。たとえ欧州選手権のメンバーに選ばれなかったとしても、それ自体が目的ではありません。私はフランスチームから遠く離れていないことを知っているので、努力を続けるつもりです。今回の場合、世界のために出場することが目標であると考えています。チャンピオンシップ。」 

マキシム・ジョリス : 「今年が始まったとき、私は国際的に活動を始めたばかりだったので、このフランスのチームからは本当に遠く離れていたことを認めます。私はコースで非常に良いパフォーマンスを示し、トムと一緒に得た結果がそれを物語っていました。

私の後にはフランスチームに加わるという目標があるが、私の側近、コーチ、ベン、パブロなどもそうだ。まだ若いから選ばれたらプラスになるし、もし選ばれなかったら今すぐではなくて後になる、と言われました。率直に言って、それ自体が目的ではありません。そこに行くために毎日働いているのはわかっているので、明日でなければもっと遅くなります。」

ドリアン・マッシー

の新しいフォロワー padel, 私は戦略性と敏捷性を組み合わせたこのダイナミックなスポーツに魅了されています。で見つけました padel 新しい情熱を探求し、あなたと共有したい Padel Magazine.