フランステニス連盟は、出場選手を発表した。 欧州選手権のフランス代表を構成することになる Padel 2024 カリアリ(イタリア)にて。ロビン・ハジザ氏はこう説明した。 Padel Magazine これらの選択の理由。

最初に選ばれた6名については討論なし

「選考結果は以下の通りでした。最初に選ばれた6人、すなわちアリックス、レア、カーラ、ジェス、シャーロット、スブリエ、ルシールについては議論の余地はありません。

そして、2枠を争える女子生徒は5名となった。そして強調すべきことは、これは平均レベルが上昇しており、プレーし、パフォーマンスし、いつかフランスチームに所属するための手段を自らに与えている選手がますます多くなっているということを意味しているということだ。

そこには明らかにフィオナ・リージとカミーユ・シレックスがいました。そして、ルイーズが左でもプレーできることを知っていたため、競合する選手は右サイドにルイーズ・バフレル、ウェンディ・バルソッティ、左サイドにエロディ・インバーノンとなった。

ルイーズの場合、私たちはベンジャミン・ティソンとパブロ・アイマとともに、特に彼女が右か左に自分を位置づけたいのであれば、それは少し早すぎると感じました。コースを終えて、このコースをこの最初のコースに組み込むのは理にかなっているように思えましたが、ヨーロッパ選手権にはまだ少し早かったです。

私たちは彼女の将来にできるだけ早く期待していますが、それは彼女のパフォーマンス、特に体格を改善する能力、仕事の能力にかかっています。ウェンディは国際的に多くの試合に出場し、シーズンの非常に良いスタートを切った。

彼女にとって残念なことに、フィオナはフランスだけでなく国際的にも非常に良い成績を収めました。そして、ハイレベルの試合でのフィオナの笑顔と、フランスチームで決して期待を裏切らない彼女の能力は誰もが知っています。したがって、フィオナはフランスチームでのこの歴史を有利に扱っています。エロディとカミーユに関しては、ウェンディとフィオナと同じくらい選択が難しかったです。」

ロビン・ハジザチームフランス

「私たちは目新しいものを好みました」

「それでも、私たちは新しさを重視しました。エロディは今シーズン多くのプレーをしたが、納得のいく結果を残せなかった。カミーユは新たな新鮮さをもたらし、彼女はたくさんトレーニングし、エロディと同様の良いプロジェクトを持っています。

しかし、彼女はフランスと国際の両方でエロディよりも優れた成績を収めました。

その目的は、エロディにフランスチームとの旅が終わったことを伝えることではなく、次のイベントや世界選手権に向けて努力することだ。私たちは、ネット上で非常に快適で好戦的で、カーラやアリックスのような駆け出しの選手に似た特徴を持つ、新しい選手を選ぶことにしました。

したがって、カミーユをこのフランスのチームに組み込むことは私たちにとって論理的でした。最終的な結果は非常に強いチームになります。アリックス・コロンボンとレア・ゴダリエ、カーラ・トゥーリーとジェシカ・ジニエという、非常に優れた2チームが先頭に立っている。また、シャルロット・スブリエとルシール・ポティエもフランスチームで歴史的に1位か2位だった。シャーロットは常にアリックスとプレーしており、ルシールはジェスとともにフランスチームで決して失望したことがないからだ。

非常に興味深い 3 番目のペアができました。フィオナとカミーユにも役割があります。フィオナはスタート地点を探すことができ、カミーユはいつでもそこに入る準備ができていなければなりません。私の意見では、私たちのグループは経験、新鮮さ、新しいアイデア、そしてハードワークに満ちており、選手たちは今年たくさん練習し、たくさんプレーした。とてもポジティブだよ」

フランクビニスティ

フランクビニスティは padel 2009年にパリ地域のClubdesPyramidesで。 以来 padel 彼の人生の一部です。 あなたは彼がフランスを旅行しているのをよく見ます padel フランス。