ボルドーP2レディース決勝の頂上決戦、両者の激突 ジェマ・トライエイ / クラウディア・フェルナンデス (TS1)と マルタ・オルテガ / ヴェロ・ヴィルセーダ (TS2)。このトーナメントのランキング上位 XNUMX 名が、アルケア アリーナの中央トラックで対戦しました。 今シーズン初の対戦.

ジェマ・トライアイとクラウディア・フェルナンデスは、最近のトーナメントで全体的に好調を維持しており、何よりもこの大会の優勝候補でした。 前回のP1でもタイトルを残した、チリで。また、ヴェロ・ビルセーダではジェマ・トライアイとの対戦が成功したとは言えなかったが、 19回連続で負けた相手...

ハイレベルな第1セット

私たちはこの会議を非常に待ち焦がれていました。 トライアイとオルテガの再会、彼らの別れ以来、彼らの道が再び交差することはありませんでした。第1セットは期待を裏切りませんでした。 4人の選手は非常に高いレベルでプレーしていた、初球の打球から。

ベロ・ヴィルセーダも一般公開を申し出た トラックからの 2 つの素晴らしい出口 ジェマ・トライアイのパワフルなパー3。後者は最終的に戦術を変更し、 その後優先する スマッシュ それと並行して 斜めではなく。

第1セットでは両ペアとも飛び去るチャンスがあった。 両側で 5 回のブレークと 5/XNUMX のパリティ スコア。残念ながら、ベロ・ビルセーダとマルタ・オルテガがタイブレークを狙った一方で、ジェマとクラウディアがプッシュしてこのセット3度目のブレークを獲得した。

第7ラウンドのスコア:5/XNUMX。

少し汗をかきますが、それは過ぎます!

クラウディア・フェルナンデスとジェマ・トライエイは自信に満ち、第2ラウンドの開始時に巡航速度を再開した。 相手よりはるかに少ないアンフォーストエラーを犯した、彼らはなんとか手に入れました ヴィルセーダとオルテガの初対戦からの休憩。第2シードの彼は、接戦のXNUMX回戦で敗れたことで頭を打たれたようだった。

マルタ・オルテガとベロ・ビルセーダはこのラウンドではそれができなかった。ものすごいスピードでポイントが次々と生まれ、第1ラウンドは1時間以上もかかりましたが、 中央駅では4分も経たないうちにすでに1/20になっていた…。

それは当てにならなかった remontada この会談で頭を挙げたベロニカ・ビルセーダとマルタ・オルテガからは予想外の発言があった ダブルブレイクをクリアするには そしてスコアに戻ります。試合開始4時間時点でスコアボード上のスコアはフェルナンデス/トライアイ、オルテガ/ビルセーダのサービスで3/XNUMXだった。

第1セットと同様にトライアイ/フェルナンデスが勝利を収めたが、 多少の恐怖にもかかわらず、この最終セットはボルドーのタイトルの代名詞です。 7/5.

最終スコア:7 / 5 7 / 5。

ソース: Padel インテリジェンス

グウェナエル・スーイリ

ある日、彼にトラックに同行するように言ったのは彼の兄でした。 padel, それ以来、グエナエルは一度もコートを離れていません。 の放送を観に行く時以外は Padel Magazineの World Padel Tour… または Premier Padel…あるいはフランス選手権。 要するに、彼女はこのスポーツのファンなのです。