パラ アンジェ オープンでは、トーナメントの第 3 シード、エティエンヌ ブルイヤール / アレクサンドル ボワレヴァンが、トーナメントの優勝候補である第 1 シードのマチュー アルマニャック / モルガン マナリノをなんとか破り、優勝したのはちょっとした驚きでした。

3時間半の試合を経て、部外者が6/4 3/6 6/2のXNUMXセットで勝利を収めた。

私たちはそれを予想していましたが、決勝ではその約束をすべて守り、ハイレベルな戦いが繰り広げられました。今日の午後、ブルイヤールとボイルヴァンは燃え上がり、多くのアグレッシブさとリアリズムを特徴とする完璧な第7セットを演じた。有名な第3ゲームで最高の瞬間にブレークした後、第6シードがこのセットを4/XNUMXで勝利した。

第 25 セットでは、ポイントが非常に短かったことに注意してください。そしてこの試合では、より安定したパフォーマンスを維持し、かろうじて XNUMX 分で第 XNUMX セットを終了させたのは、エティエンヌ ブルイヤールとアレクサンドル ボワヴァンでした。

第1セットはポイントが少し伸びた。その勢いに乗り、ボワヴァンとブルイヤールが開始からブレイク。私たちは彼らがこの勢いを継続する軌道に乗っていると見ていましたが、それはTDS 6、マナリノ、アルマニャックの力強い復活を当てにしていませんでした。後者は徐々にプレーレベルを上げて状況を逆転させ、最終的に3/XNUMXで勝利しました。

第2セットが最長となる。最終セットでは、両チームの間でマノ・ア・マノが始まった。いくつかの厳しい試合にもかかわらず、2/40まで誰も逃げ出すことができませんでした。怪物アレクサンドル・ボワヴァンが率いる北のペアが違いを生んだのはその瞬間だった。ほぼ 6 分で、ブルイヤール / ボワヴァンのペアが 2/XNUMX のスコアでこの最終ラウンドに勝利しました。

統計霧ボレヴァン p1000 怒り
フランクビニスティ

フランクビニスティは padel 2009年にパリ地域のClubdesPyramidesで。 以来 padel 彼の人生の一部です。 あなたは彼がフランスを旅行しているのをよく見ます padel フランス。