バックハンドサービスについて話すとき、特に padel 現代では、私たちがすぐに思いつくのは、 パキートナバロ、初球で左にサーブしたとき。最年長の場合、最初に思い浮かぶ名前は次のとおりです。 セバスチャンネローネ または カロライナ・ナバロ、女性の間で。

この動きは長い間敬遠され、ほとんど利用されていなかったが、徐々に世界に巣を作り始めている。 padel 電流。 これを使用しているのはパキートだけではなくなりました そしてこれはボルドーでも見られ、特にボルドーでの準々決勝、ニエト/サンツ組とゴエナガ/アヤツ組の対戦で見られた。 エンリケ・ゴエナガ 左右、そして1球目と2球目でのバックハンドサーブで目立ちました!

この同じ試合で、 ニエトコキ 彼自身もこのように奉仕することを「楽しんで」いたのです。ただし、マドリレニア人はこの動きを頻繁に使用しません…

たとえアマチュアプレーヤーであっても、バックハンドでサーブすることにはいくつかの大きな利点があると言わなければなりません。

  • フォアハンドよりもバックハンドの方がスライス効果を生み出しやすい。右の場合、ボールにスピンを与えるにはハンドルをひねる必要がありますが、バックハンドの場合はそうではありません。その結果、ボールのスピン量が増加します。
  • ガラスに跳ね返って相手を驚かせる 99%の確率でフォアハンドサーブを返す人です。したがって、ガラスからの特定の跳ね返りにより、最初のボレーをネゴシエートするのが容易になります。
  • さらに、バックハンドのサーブの仕方を知っていれば、 これにより、ショットにさらに変化を与えることができます。毎回サーブの仕方を変えれば、相手を混乱させることもできます。
  • 最後になりましたが、重要なことです、 バックハンドショットが得意なプレイヤーにぴったりのサービスです !サーブのスピードと精度を高めることがはるかに簡単になり、ファーストサーブ率が高くなります。

試してみたい方は、 カロライナ・ナバロ 彼のテクニックを教えてください:

グウェナエル・スーイリ

ある日、彼にトラックに同行するように言ったのは彼の兄でした。 padel, それ以来、グエナエルは一度もコートを離れていません。 の放送を観に行く時以外は Padel Magazineの World Padel Tour… または Premier Padel…あるいはフランス選手権。 要するに、彼女はこのスポーツのファンなのです。