ハロルド・マヨは本日ジュニア全豪オープンで優勝しました。 17歳のトリコロールは、ASPTT Metz(Grand Est League)から解雇され、同胞のArthur Cazauxに対して決勝で勝利し、TCSaint-Gély-から解雇されました。デュフェスク(オクシタニーリーグ)、6セット(4-6 1-100)。 両方のプレーヤーは、全豪オープンの中央コートであるロッドレーバーアリーナで最初のグランドスラムファイナルをプレーする特権がありました。 2004年以来の最初のXNUMX%フランスグランドスラム決勝戦でした(彼女はすでにメルボルン、ガエルモンフィス、ジョセリンウアンナに反対していました)。

ハロルド・マヨ、現在3e ジュニアランキングの世界では、2006年のアレクサンドルシドレンコ以来、オーストラリアグランドスラムでジュニアタイトルを獲得した最初のフランス人です。 この勝利のおかげで、彼は1を占有します年齢 来週の月曜日に世界ジュニアランキングに入賞します。 若いキャリアの中で最高のタイトルを獲得する機会を得たティエリー・トゥラスヌの弟子は、このイベントのリストに彼の名前を登録するXNUMX人目のフランス人プレーヤーになります。

このジュニアボーイトーナメントの結果は、フランスのテニスにとっては並外れたものです。 このテストには2002人のフランス人が参加していましたが、XNUMX人の若いトリコロールがなんとか準決勝に登りました(ティモ・レグアウトはこれでハロルド・マヨに頭を下げました)競争の段階)。 メルボルンではXNUMX年以来初めてでした(その年、クレメントモレル、ジョーウィルフリードツォンガ、リチャードガスケが最後の広場に到着しました)。

これらの優れた結果は、フランスのジュニアの優れた全体的なパフォーマンスに追加されます。 今週、12人のトリコロールプレーヤーがジュニアクラスのトップ100(男子)にいます。

「フランステニス連盟のDTNを代表して、この素晴らしいタイトルを獲得したHaroldMayotを祝福したいと思います。 また、このオーストラリアンオープン2020で素晴らしいキャリアを築いたArthurCazauxとTimoLegoutのパフォーマンスにも敬意を表します。この機会を利用して、準備と監督に携わったすべての人々に感謝します。 まだ長い道のりがありますが、これらの優れた結果は、クララ・ビューレルと世界ジュニア1位のダイアン・パリーがジュニアサーキットで近年得た結果と相まって、フランスのテニスの将来にとって非常に良い前兆となることがわかりました。 。 このように、国立技術部のチームとこの分野に関与する地域のチームが共同で構築した「Agir et Gagner」プログラムのジュニアプランは、実を結びつつあります。 これは、私たちが行った野心的な選択で私たちを慰めます」、 FFTのナショナルテクニカルディレクターであるPierre Cherretについて説明しました。

ジュニア全豪オープンのフランスの勝者(男の子)
1965 ジョルジュ・ガヴェン
1998 ジュリアン・ジャンピエール
2002 クレメント・モレル
2004 ガエルモンフィルス
2006 アレクサンドル・シドレンコ
2020 ハロルド・マヨ
フランクビニスティ

フランクビニスティは padel 2009年にパリ地域のClubdesPyramidesで。 以来 padel 彼の人生の一部です。 あなたは彼がフランスを旅行しているのをよく見ます padel フランス。