ジュリアン・スーランとアドリアン・メグレ 彼らの敗北を振り返る ボルドーでのP2第6ラウンドでビクトル・メナとフランシスコ・ラミレスと対戦(2/6、4/XNUMX)

最適な準備ではない

エイドリアン : 「2週間の怪我から復帰したばかりです。コースに到着したときに腰痛がひどく、その後左臀部を負傷し、2週間前にはハンブルクに出発する前に右ふくらはぎを負傷しました。ハンブルクでは出場できなかったし、ボルドーでのこの大会については不安もあったが、できる限りの注意を払い、昨日、サイドトラックでの練習中に再びプレーすることができただけだった。

あまり自信を持たずに試合を始めたので、試合が来るまでに時間がかかりました。その後、2本目は少し良くなったし、チャンスもあったが、あのようなトラックであのレベルでプレーすることに慣れているあのような選手相手に…彼らはブレークポイントを握ってもパニックにならず、セーブもしてくれた。まあ、私たちはいくつかの小さなミスを犯しました。少なくとも2点目を守りきることはできたし、ブレークを解除して粘ってタイブレークに持ち込む価値はあったかもしれないが、今日は彼らが我々よりも強いので、言うことは何もない。

スーラン・メグレ ボルドー

個人的にはもう少し体型を戻す必要があります。事実を隠すつもりはありませんが、私も父親になることをつい最近知ったので、おそらくそれに対する反発もあったでしょう。でもまあ、このトラックに参加できてすでに幸せです。 Betclic 組織全体に改めて感謝します Premier Padel P2、ワイルドカードをくれたジャン・トーマス・ペイルーとベンジャミン・ティソンに。

たとえ100%ではなかったとしても、私たちは楽しもうと努めましたが、とにかく今日はすべてを捧げようとしました。」

すごく失望した…

ジュリアン : 「2、3週間とても良いトレーニングをしてきたのに、ここに来てから、昨日でさえあまり良い感情を持っていなかったので、ほとんどとてもがっかりしています。トラックやアリーナの美しさを考えると、私たちはうまくやりたい、もっと良くしたい、そして最終的には複雑ですが、これらは私たちが管理しなければならない瞬間です。素晴らしいゲームはできなかったが、最終的にはチャンスはあったし、少なくともサービスゲームではもっと良いプレーができると思う。ブレーカーはおそらく 1 回、タイブレークを取得するか、あるいは良いプレーをせずにセットを取得する可能性があります。 

そこで彼らは、2、3回のミスをしながらもなんとかポイントや試合を勝ち取ることになるが、それでもなんとかやっていくだろうし、結局のところ、物事は我々にとってあまりうまくいかなかった。個人的には、プレイの感覚と全体的なレベルに失望しています。エイドリアン、私は彼がおそらく必ずしも身体的にあまり良くないことを知っていました、そしておそらくより多くのスペースをなんとかして取り、この部分に少し火をつけて、そこに本当に入り込もうとするのはおそらく私にかかっていました、しかし私はそれができませんでした。 」

以下の

エイドリアン :「プレーする許可は得ていますし、問題ありません。そうでなければ来なかったでしょう。理学療法士は私に、プレーしても問題ないと言った。そこでは、少し時間をかけて体力を取り戻し、欧州選手権のフランス代表に呼ばれた場合に備えるつもりだと思う。これは私にとって重要な目標です。 

私がこの種の競争が大好きで、自分の国の色を守るのが大好きであることはご存知でしょう。選ばれたらこの大会に向けて体調を戻せるように頑張ります。そして、もし私が選ばれなかったとしても、それは問題ではありません。私は友達ができる限り遠くまで行けるように、友達の後ろについていきます。ジュリアンと一緒に、9月にはフランス選手権とローランギャロスという2つの大きな目標があります。サドルに戻る必要がある。私はまだそれほど若くないので、少し体重を減らして、もう少しトレーニングする必要があるかもしれない。」 

「少し悔しいのは事実なので、まずは100%になるように自分を大事にしたいと思います。私たちはバルセロナとの間でXNUMXつのトーナメントをプレーしており、問題は私の頭の中にあります。私は必ずしもフルパワーではないことを知っているので、最初は少し精神異常になり、少し躊躇し、ロブを逃します。 XNUMX回目以降は気分が良くなったので、試合のバランスが少しずつ整い始めましたが、もう手遅れです。最初の試合からベストの状態でいなければならない。」

インタビュー全文:

ドリアン・マッシー

の新しいフォロワー padel, 私は戦略性と敏捷性を組み合わせたこのダイナミックなスポーツに魅了されています。で見つけました padel 新しい情熱を探求し、あなたと共有したい Padel Magazine.