私たちに続いて 2.0プレーヤーの圧倒的なショットとボールプレッシャーに関する前の記事、特定のパラメータを変更することが有益かどうかについて議論します。

弾丸の規格 padel進歩するために変化が必要な他のスポーツと同様に、固定されたものではなく、進化する可能性があります。必要に応じて特定のルールを変更することは、一般的に好評であることがわかりました。弾丸圧力のわずかな低下の問題は、特に最高レベルで議論される可能性があり、この修正について賛否両論が巻き起こります。

ルールの変更は常に課題です

スカッシュの例が示すように、スポーツ ルールの変革は、運動競技への関心を維持する上で大きな課題となっています。当初、スカッシュは 9 つの間接ポイントのシステムを使用していました。これは、ゲームの戦略的および精神的な側面を強調し、プレーヤーの忍耐と自制心を促進しました。その後、このスポーツは 15 のダイレクト ポイント システムを採用し、より速く、よりダイナミックなラリーを実現しました。ただし、この変更により、ある程度の複雑さがもたらされました。 得点 場合によっては理解するのが難しく、試合が長引くこともあります。現在の 11 ダイレクト ポイント システムはスカッシュに最適であると考えられています。シンプルで速く、攻撃的なプレーを促すため、プレーヤー、観客、放送局にとって魅力的です。わかりやすく、壮大で進取的なやりとりを可能にします。

スポーツのルールの進化は複雑かつ多面的なプロセスであり、スカッシュの例は、伝統と革新を調和させてスポーツのアイデンティティを維持しながらより魅力的なものにする可能性を示しています。

「プント・デ・オロ」の例

Le padel いくつかの修正案が積極的に承認されたことからもわかるように、タイムリーなルール変更を柔軟に受け入れることができます。これは、次のことを可能にする「プント デ オロ」の導入でわかりました。

  • 長いアドバンテージのやり取りを避けて、接戦のペースを加速させます。
  • 試合に勝つための重要な決定的なポイントを提供することで、緊張感を高めます。
  • 選手の戦略的および精神的資質を強調することで、スペクタクルを促進する。

たとえプント・デ・オロが依然として一部の意見を分裂させ、全員が承認したわけではないルールであるとしても(世界基準サーキットでは施行されていない)、 Premier Padel)、それが試合に新たな次元の興奮とサスペンスをもたらすことは否定できません。

弾圧を下げるには?

弾丸管 padel 2024 年を考える

では、選手たちがより忍耐強く決定性の低いゲームに戻るように、ボールへのプレッシャーを下げてみてはいかがでしょうか?パワーとコントロールのバランスを追求することが不可欠であり、それによってプレーヤーが自分自身を十分に表現できるようになり、おそらく派手さは劣りますが、テクニックと技巧に重点を置いたゲームを提供できるようになります。これらの調整により、プレイヤーが活躍する機会が得られるとともに、会場にいるか画面の前にいるかに関係なく、観客にとってより楽しい光景を提供できるようになります。

ステファン・ペンソ

のファン padel、ステファンは惑星の公式テスターに​​なりました padel ヨーロッパで。 すべてが彼の専門家の手に渡ります。 スノーシューイングの世界での彼の豊富な経験のおかげで、彼は頭からつま先まであなたのギアをスキャンすることができます!