モモゴンザレス et アレックス・ルイス トーナメントの決勝戦に戻ってきましたが、 勝利の後、痛みの中で向い フェルナンド・ベラステグイン et フアン・テロ。 3セットでのミーティングは、どちらかの方向に進む可能性がありました...

このミーティングの後、アレックス・ルイスとモモ・ゴンザレスはマイクで試合に戻りました。 Padel Magazine.

熱い反応

モモ: 最初の反応は、とても疲れているということです。とても長い試合でしたが、とてもうれしく、とても感動しました。我々の前に2人の素晴らしい選手がいたので、非常に難しい試合になるだろうということは最初から分かっていた。私たちは本当に厳しい時期を経験しましたが、チームとして戦い、常に勝利を信じていました。もう一日ボルドーで過ごせることを本当に嬉しく思いますし、明日は最高の形でこの大会を終えられることを願っています。

アレックス: 非常にフィジカルな部分だったし、トラックは速い。私たちの前には一息も与えてくれないペアがいた。しかし、たとえ物事が思い通りに進まなかったとしても、私たちは常に自分たちを信じることができました。第 2 セットでは、私たちは彼らの逆転に耐え、第 3 セットでは戦いを再開し、戦い、良い形で試合を終えることができました。最後に少し失敗したことを除いては。モモが手伝ってくれました。明日は新たな大きな戦いが待っていますが、全力で戦います。

ベラの怪我

アレックス: 我々は試合を続けたので、そうなったときはそれについて考えるべきではないと思います。ベラには長年の経験があり、すでに怪我や拘縮を抱えながら何千回もプレーしてきた。見ての通り、彼は最後まで粘り続けたので、そうなることは分かっていました。したがって、私たちは何も変更せず、同じダイナミクスを維持し、最終的にはそれが私たちに有利に働きました。

決勝戦への復帰

モモ:再び決勝戦に臨むことができて、たくさんの感情が湧いてきた。私たちは一緒にプレーしなくなったときはすでに個別に、そして再び集まったときは集団でたくさん働きました。すべての努力がついに報われました。私たちは最終ラウンドに近づき、準々決勝に何度も進出しましたが、勝つことはできませんでした。だからここに来て、ようやく準決勝で戦えて、長い時間を経て決勝に進むことができてとてもうれしいし、明日もこのように戦い続けられることを願っている。

アレックス: 明日は勝っても負けても、幸せになって家に帰ります。明日は勝てるといいですね。いずれにせよ、私たちは持てるすべてを捧げるつもりですが、自分自身に手段を与えれば、勝つチャンスはあります。」

試合後のインタビュー全文はこちらからご覧いただけます。

https://www.youtube.com/watch?v=K57ETGocMNg&ab_channel=PadelMagazine
グウェナエル・スーイリ

ある日、彼にトラックに同行するように言ったのは彼の兄でした。 padel, それ以来、グエナエルは一度もコートを離れていません。 の放送を観に行く時以外は Padel Magazineの World Padel Tour… または Premier Padel…あるいはフランス選手権。 要するに、彼女はこのスポーツのファンなのです。